アレグラは眠気が少ないアレルギー薬

花粉症をはじめ、アレルギー症状の軽減を目的に広く用いられているアレグラは、抗ヒスタミン剤に分類される薬です。ヒスタミンはケミカルメディエーターと呼ばれ、体内で花粉などの異物に反応すると、免疫系の細胞から放出される化学伝達物質です。放出された物質は全身の様々な場所に存在する受容体に結合し、刺激を受けることで異物に抵抗するための過敏症状を起こします。抗ヒスタミン剤は放出された化学伝達物質であるヒスタミンを、受容体に取り付く前に先回りして阻害する薬となります。これによって、アレルギー症状のクシャミや鼻づまり、蕁麻疹などの皮膚症状を抑えます。アレルギーにとって厄介者とされるヒスタミンですが、この物質は覚醒や興奮といった脳を活性化させる働きがあり、抗ヒスタミン剤が先回りしてブロックすることで、集中力、判断力、作用能率の維持を抑えてしまい、鈍脳が発生するという問題があります。これはアレルギー症状に対する確実な効果とともに、強く眠気を誘う副作用があるということです。花粉症などのアレルギー症状を抑えるには、日常的に使用する抗ヒスタミン剤が必要であり、眠気を誘う副作用は重要な欠点と言えます。そのため、眠気を取り除いた薬が必要となり、開発されたのが第二世代の抗ヒスタミン剤です。第一世代では成分の分子量が非常に小さく、脳内にまで届いてしまいましたが、アレグラを始めとする第二世代は、血液脳関門を通ることが難しいとされる500以上の分子量で構成されています。これによって脳内の中枢神経にまで到達せず、眠気を抑えることが可能となっています。アレグラはヒスタミンが受容体に結合するのを抑えるとともに、ヒスタミン以外の化学伝達物質の遊離を抑える作用も持ち合わせているので、広い範囲で抗アレルギー薬として使用されます。

アレグラが花粉症に効く理由

花粉症は季節性のアレルギーで、春にはヒノキやスギ、秋にはブタクサなどの花粉が舞い始め、クシャミや鼻水といった諸症状が起こります。この季節になると一般医薬品で販売されているアレグラがコマーシャルで流れるようになり、花粉症に悩む人達が大量に買い求めるようになります。そもそも、何故アレグラが花粉症に効くのかについては、アレルギーのメカニズムを説明する必要があるでしょう。花粉が鼻や喉などから体内に侵入すると、免疫系の細胞であるマクロファージが、異物であると判断して抗体を作るようになります。本来はウイルスや細菌などに対して抗体を作るのですが、花粉のように害のない物質でも、何かしらの理由で有害であるとマクロファージが判断します。作られた抗体は体内を循環する肥満細胞に結合し、次に侵入してきた異物に対し、攻撃を開始すると同時に内容物であるヒスタミンなどの化学伝達物質を放出します。肥満細胞から遊離した伝達物質は、体内のあらゆる受容体に結合して刺激を受けることで、体が過敏に反応を示しますが、この症状をアレルギーと呼びます。アレグラは抗ヒスタミン薬と呼ばれ、アレルギーに伴うヒスタミンの受容体への結合を阻止して刺激を抑え、また肥満細胞から伝達物質が遊離する際の抑制作用を持ち合わせています。これにより花粉症で起こるクシャミや鼻づまりなどの諸症状を抑制し、それに伴うかゆみを軽減させる効果を発揮します。アレグラは抗ヒスタミン薬の中では弱い部類に入り、効果が弱い分だけ副作用も少ないとされる薬です。その結果、一般医薬品として流通しており、この部類の薬の中では問題とされる眠気もほとんどありません。代わりにアレグラでも、花粉症が抑えられないという人は、さらに強い薬を処方してもらう必要がありますが、効果が強い分だけ副作用も強くなるということを忘れないようにしましょう。

アレグラは蕁麻疹、皮膚疾患にも使える

現代は多くの人が何かしらのアレルギー疾患を抱えていると言われています。鼻水、くしゃみ、咳、発熱、かゆみなどのアレルギー反応がでて、日常生活で困っている人も少なくありません。アレルギーになる原因は一つに絞ることは難しいと言われています。代表的なアレルゲンとしてスギ花粉はあまりにも有名です。またハウスダスト、ダニなどに反応を起こす人も少なくありません。こうした咳やくしゃみ、鼻水といったアレルギーの初期症状を放置すると最悪な場合喘息などの重篤な疾患に陥ることがあるので注意が必要です。またこうしたアレルギー症状は皮膚のかゆみや蕁麻疹になってあらわれる人もいます。痒みや蕁麻疹は放置するとそのままアトピーになる場合もあります。そのため適切に処置することが求められます。こうした場合にアレグラという薬を用いるのがよいでしょう。アレグラはくしゃみ鼻水などといったアレルギー反応に大変有効と言われていますが、皮膚のかゆみや蕁麻疹にも効果が認められています。アレグラによって痒みがおさまればアトピーや喘息など重篤な症状に陥ることは回避できます。また多くのアレルギー薬は眠くなりやすかったり、異常な喉の渇きを感じることが多い傾向にあります。しかしアレグラに限っては眠くなりにくく、誰もが使いやすい薬になっています。アレグラは一定期間飲み続けることでアレルギー症状を抑えることができるようになります。そのため多くのアレグラを医師に処方してもらう必要があります。しかし薬代がかさみ、家計に響くようであればアレグラのジェネリック医薬品を処方してもらうと良いでしょう。また医療機関を受診せずに市販のアレグラを購入すれば、診療代がかからないので結果的に安く薬を手に入れことができます。